秋のツーリングハイライト Final

   

さて、シリーズでレポートしております 秋のツーリング ハイライト。

s_IMG_2322

いい加減早く写真載せてよ~との声も上がりそうなので、

この辺りで最終章とさせて頂きます。

 

s_IMG_2312.jpg修正

このモザイクがかけられたアストンマーティン。

シルエットが、なんとなくクラシカルな雰囲気ではないですか?

正解は、

DB6

 

s_DB6-1

s_DB6-2

現車を見るのは、お客様含めスタッフも初めて!!

DB6は、1965年10月から1970年11月にかけて生産されていた希少モデル。
 
 
 
また、1969年7月には、後継モデルのDBSの部品を組み込んだ「DB6 Mk2」に進化しました。
 
2011年4月に行われたウィリアム王子とキャサリン妃のウェディングセレモニーでは、
 
ブルーメタリックの「DB6Mk2ヴォランテ」が使われたのは記憶に新しいですよね。
 
2013_1018-photo27
 
また、イギリス有名ミュージシャン ポール・マッカトニーが所有していたDB6としても有名です。
 
o0400031012999183699
彼のDB6にはこんな逸話が残っています。
 
ポール・マッカートニーが運転中、
 
『HEY JUDE』のメロディが思い浮かび、カセットレコーダーでそれを録音したといいます。
 
p2
DB6を所有していた。さらには、その中であの名曲が生まれたというこの逸話は、DB6の将来的な価値を高めることとなりました。
 
 
 
外見の写真は見る機会がありましたが、インテリアの写真はほとんど出回っていません。
 
今回、お客様のご厚意により、じっくりと堪能させて頂きました。
 
みなさまにも、お写真を大公開!!
 
時代を感じさせるステアリング。
 
s_IMG_2441
 
実にクラシカルです。
 
 
ドライブしたときに、荘厳さをかんじることのできるアナログ式メーター。
 
s_IMG_2444
 
4人が無理なく乗ることができるスペースを確保してある室内。
 
s_IMG_2442
 
エンジンルームも拝見。
 
3995CC、直列6気筒。
 
 
s_IMG_2453
 
幅広タイヤに対応して、DB5よりホイールアーチは若干広げられています。
 
s_IMG_2439
 
一つ一つ、手作り感が感じられるパーツは、なつかしさとともに愛着がわいてきます。
 
s_IMG_2452
s_IMG_2451
 
アストンマーティンの象徴であるエンブレムは、あらゆる歴史をたどって現在の形となりました。
 
まだ、創業者 デイヴィッド・ブラウンのイニシャルが刻印されている時代のエンブレムですね。
 
s_IMG_2447
s_IMG_2448
 
ヘッドライトのかたちも、現行モデルにはない姿。
 
s_IMG_2461
 
めったにお目にかかれない名車を前に、シャッターを押し続けている間も、
 
オーナーさまはすかさず愛車をきれいにお掃除。
 
s_IMG_2460
 
さすがに洗車機にはかけたくないとのこだわりで、
 
このDB6は、ご自身で洗車されるそうです(*^▽^*)
 
s_IMG_2466
s_DB6-3
 
アストンマーティンのクラシックカーの歴史をこれからも継続させるべく、
大切にしていきたいですね。
 
 
この度は、貴重な愛車を走らせていただきありがとうございました★
 
 
みなさまのおかげで、大変充実した秋のツーリングとなりました。
 
今回ご参加できなかったみなさまも、ぜひ次回はご参加くださいませ♥
 
 
Written by M.M
 
 
 
 
アストンマーティン広島
Tel 082-255-0070
E-mail info@m-auto.co.jp
フォロー いいね!お願いします。
Facebookhttps://www.facebook.com/astonmartinhiroshima/
Instagramhttps://www.instagram.com/astonmartinhiroshima/
 
 
 

 

 - ASTON MARTIN Touring, EVENT, NEWS , , , , , , , , , , , , , , , , , ,