新車情報/ロータス

HOME   新車情報/ロータス

優れた技術で名高いロータスのライド&ハンドリングチームが、へセルのテストコースをはじめ、世界で最も過酷なテストサーキットで磨き上げたエキシージSは、畏敬の念を抱かせるほどダイナミックな性能を発揮します。パフォーマンスを究極まで追求したエキシージSは、まさに公道を走るレーシングカーです。

元来スポーティーなハンドリングに向いているロータス・エヴォーラが熱望するドライバーの期待にこたえてオートマチックギアボックスが登場しました。
新しいインテリジェントプレシジョンシフト(IPS)は、トルクコンバーターの6速ギアボックスで、ドライバーのドライビングスタイルに合った運転が可能です

エヴォーラSはスタンダードなエヴォーラの長所をすべて引き継ぎ、その上で特に性能を強化しました。シャーシの性能の高さを際立たせ、ドライビングの楽しさをさらに追及していただけるようにエンジンの最高出力350ps/7,000rpm、最大トルク400Nm/4,500rpmまで引き上げました。
 

エリーゼのドライビングフィールは他のどんな車を運転する感覚とも異なります。 ステアリング、スロットル、ブレーキのどれをとっても、その繊細さと正確さは、他の追随を許すものではなく、またそれに匹敵する車はありません。 スポーツカーとして適正なスプリングと優れた振動吸収性から生まれる、ロータス車ならではの卓越したボディコントロールと爽快なドライビング。 これほどまでのパフォーマンスを実現しながら、排気と燃費を削減し、環境への影響を最小限に抑えることに成功しているのもロータスだけです。

魅惑的なスタイル、クラストップレベルのオールラウンドかつダイナミックな性能、革新的なシャーシテクノロジー、そして高級感あふれる装備、−EVORAは、ロータス新時代の到来を告げます。

独自のスタイリングで強烈な個性を放つエリーゼ。 その容貌には、速さと美しさ、そして機能性が、 あますところなく表現されています。 エリーゼRのエンジンは、パワフルな最新鋭1.8リッターVVTL-1 (Variable Valve Timing and Lift-intelligent)エンジンを搭載。この最高出力141KW(192PS)のエンジンをC64 6速ギアボックスに連結したエリーゼRは、0〜100km/h加速を5.2秒という驚きの速さで駆け抜けます。 エリーゼRは、生まれながらにして自ら走ることを欲している車なのです。

エリーゼSは、ロータスのシンボルとして受賞歴を誇るロードスターと、 エリーゼファミリーの頂点を極めた先進のスーパーチャージャー・エンジンがひとつになった車です。スーパーチャージャー・エンジンは常に、そのパワフルかつ滑らかなパフォーマンスで高く評価されていますが、エリーゼSの心臓部も例外ではありません。俊敏なレスポンスを荒々しいまでの加速性能によって、スーパーカー並のパフォーマンスを実現。また、アルミニウム製シャシーが、その類まれなる敏捷性を確かなものにしています。低音で唸りを上げる1.8リッターのエンジンに、スーパーチャージャー特有の高音が重なり、エキゾチックで音楽的なサウンドを生み出します。空力パッケージにはリアスポイラーなどの改良が施され、独特のアロイ製ホイールがダイナミックなデザインを際立たせています。パワー、デザイン、革新性。それらが見事に融合した車が、この究極のエリーゼなのです。

純粋に、そして真剣に、走りを楽しむ。そのために生み出されたのが、究極のクーペ、エキシージSです。機能的でインスピレーションを刺激するデザインは、瞬時にして見る者の心をとらえ、この車の何たるかを知らしめます。余計なものは一切そぎ落とし、すべてが目的を持ってデザインされています。空力パッケージは、160kw/h(100mph)で80キロのダウンフォースを生み出し、舗装された路面に押し付けられたセミスリックタイヤはコーナリング時にも卓越したグリップ力を発揮します。 1.8リッターのVVTL-1(連続可変バルブタイミング機構)エンジンは最高出力163kw(221ps)。俊敏なレスポンスと激しいまでの加速性能を実現しています。堅牢なアルミニウム接合シャシーと相まって、敏捷性と抜群のパフォーマンスが至福の走りをもたらします。ロータス・エキシージSは、走ることを要求し、限りなく純粋なドライビングの快感をもって応えてくれる車のなのです。

pagetop