新車情報/フェラーリ

HOME   新車情報/フェラーリ

Ferrari 488 Spider

下の画像をクリックすると大きな画像をご覧頂けます。

車両本体価格 34,500,000円

試乗車・現車展示中

アルミニウム製スペースフレーム・シャシーおよびボディシェル、新型V8ターボエンジン、ダウンフォースの増加とドラッグの低減を両立させたエアロダイナミクス、オープントップに求められるキャビンへ流入する気流のコントロールを有し、さらに、速く俊敏でかつ瞬時に反応するビークルダイナミクスなど、Ferrari 488 Spiderは、隅々まで同セグメントのベンチマークとなることを目標にデザインされています。

Ferrari 488 Spiderのワールドプレミアは、9月のフランクフルト国際モーターショーとなりますが、それよりも早く、現在www.ferrari.comにて、新色のBlu Corsaを纏った車輌の画像を公開中です。

 

Ferrari 488 Spiderのエッセンス

エンジンカバーの下には、 3,902cc V8ターボエンジンがビートを刻みます。これは数カ月前にFerrari 488 GTBに搭載されデビューしたパワーユニットで、そのパフォーマンスはまさに圧巻の一言です。最高出力670cv、最大トルクは3000rpmで760Nm。0-100km/h加速はジャスト3秒、0-200km/h加速は8.7秒と俊足です。先代の自然吸気エンジンよりも 出力を100cv向上させると同時に、C02排出ガスの低減を図り、性能だけではなく燃費効率にも優れたモデルとなりました。
このV8ターボエンジンの個性もまた際立っています。ターボエンジンの宿命であったターボラグを排除することで、スロットル応答時間をわずか0.8秒とし、回転域を問わず常に湧き上がるようなパワーを発生します。

この特徴は、最先端設備を誇るマラネッロのファクトリーならではの洗練された製造プロセスによって実現したもので、ターボをはじめとした単体パーツだけでは達成できるものではありません。スクーデリアと共有しているこの施設は、レーシング技術のロードカーへの移転促進にも大きく貢献しています。

フェラーリの伝統に従って、このFerrari 488 Spiderもまた極めて特徴的なサウンドを奏でます。導入した長い等長パイプによるエグゾースト・ヘッダー、フラットプレーン・クランクシャフトなどによって生まれるこの特徴的なサウンドは、エンジン回転の増減によって変化するハーモニクスと音調を徹底的に解析し、さらに際立たせています。極めて魅惑的なそのサウンドは、スロットルに瞬時に反応するエンジンの上昇回転に合わせて、音量と透明感を増しながら変化します。これは、オープントップ状態でも決して心地よさは損ないません。一方パフォーマンスもまた、上昇回転に合わせてセンセーショナルな力強さを増加させます。

 

気流を味方に
Ferrari 488 Spiderはまた、これまでのフェラーリ・スパイダーモデルの中で最もエアロダイナミクスに優れたモデルとなりました。複雑多岐にわたるエアロダイナミクス・ソリューションの導入によって、最適なダウンフォース獲得とドラッグ削減という、相反するふたつの目的を満たすことに成功しました。マラネッロのエンジニアは、ブロウンスポイラーをはじめ、ボーテックスジェネレーターを組み込んだエアロダイナミック・アンダーボディなど、いくつかの革新的なデバイスを採用することで、それぞれの目標を同時に達成させました。
気流の研究は、車輌内部の快適性をも考慮して進められました。電動ガラス・リアウインド・ストッパーは、オープントップ・ドライビングでの優れた快適性を保証するために、3つのポジションに調整可能としました。ウインド・ストッパーを最下段に設定すると、ルーフを閉じた状態でも天候やドライビング状況に関係なく、ダイレクトにエンジン・サウンドをお愉しみいただけます。

 

アルミニウムに込めたフォルムと機能

リトラクタブル・ハードトップのコンセプトに沿ってデザインされたFerrari 488 Spiderのスペースフレーム・シャシーには、各部位の特別な利用条件を全て満たすために、マグネシウムをはじめとした非腐食性金属を組み合わせた11種類の異なるアルミニウム合金が使われています。クーペモデルと同等のねじれ剛性とビーム剛性を実現させながら、先代スパイダー・モデル比で23%も性能を向上させました。剛性確保に重要な要素となるルーフが車体基本構造から分離しているスパイダー・モデルとしては 驚異的とも言えるこの結果は、フェラーリのアルミニウム製シャシーとボディを担当するスカリエティ・センターの卓越した技術が大きく貢献しています。

RHTは、2つのセクションに分離し、互いに重なり合いながら後方に折り畳まれ、エンジンと同じ高さに、極めてコンパクトに格納されます。一連の動きはとてもスムーズで、開閉に要する時間は、わずか14秒です。

アルミニウムは、機能面のみならず、美しさという観点からも欠かすことができない要素です。フェラーリは伝統的に、細部フォルムまで彫刻のように仕上げることで卓越した技術を極めてきました。今回の例では、エンジンカバーに最適な気流を導くフライングバットレスをはじめ、エンジンカバー・リブ、エアインテークのスクラプテッド・メッシュグリルなどがそれで、車輌に見事なダイナミズムを与えています。この実現に、フェラーリ・スタイリングセンターは、Ferrari 488 GTBのデザインを手直しして、エレガンスの再構築を図っています。

 

一貫した速さとコントロール性

スクーデリアがフォーミュラ1で活用しているものと同等の、洗練されたシミュレーターを導入することで、488の開発では車輌デザインに影響するヒューマンファクターについて、プロトタイプ車輌を製造する遥か以前から、テストドライバーからエンジニアへのフィードバックの伝達が可能となりました。ダイナミックな運動性能をより高めるため、開発チームは、車輌のメカニカル・セットアップの熟成と並行して、電子制御システムの開発も進めました。このシステムをSSC2サイドスリップアングル・コントロールシステムと完全に統合させることで、コーナー脱出加速は458 Spider比で12%向上しています。

総合性能としては、快適性を一切犠牲にすることなく、応答時間を先代スパイダー比で9%も短縮させました。オープントップ・ドライビングを一般道で愉しむという明確な目的に合わせて、デザインの効率化を図りました。極めてチャレンジングなコースにおいても、ドライバーは苦もなくFerrari 488 Spiderのダイナミックな運動性能を引き出すことが可能です。驚くほどドライバビリティに優れたその性能は、限界域でも変わることはなく、タイトなコーナーが続くワインディング・ロードにおいても、完璧なハンドリング性能を発揮します。

Specification

全長  4,568mm  全幅  1,952mm 
全高  1,211mm  ホイールベース  2,650mm 
車両重量  1420kg (乾燥重量) 1,525kg (空車重量)  最高速度  325km/h 以上 
0-100km/h加速  3.0秒  総排気量  3,902cc 
エンジン形式  90°V8 ターボチャージャー搭載 ドライサンプ  最高出力  492kw(670cv)/8,000rpm 
最大トルク  760Nm/3,000rpm 7速ギア時  フロント・タイヤサイズ  245/35 ZR20 J9.0 
リア・タイヤサイズ  305/30 ZR20 J11.0  トレッド前  1,679mm 
トレッド後  1,647mm     
購入お問合わせフォームへ
pagetop