新車情報/フェラーリ

HOME   新車情報/フェラーリ

Ferrari 458 SPECIALE

下の画像をクリックすると大きな画像をご覧頂けます。

 

 

「458 スペチアーレ」には、このレンジの車輌としては初となる様々な最新技術が採用されています。そのひとつであるアドバンスド・アクティブ・エアロダイナミクスは、今後すべてのフェラーリ車輌に標準装備される技術です。


多数の賞を受賞している「458 イタリア」と「458 スパイダー」と同じレンジに並ぶこの新しいミッド・エンジンV8 ベルリネッタは、性能とドライビング・エモーションをかつてないレベルまで引き上げるべくデザインされました。もちろん、いかなる走行状況下におい
てもスムーズであり非常にコントロールしやすくなっています。


インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーにおいて2 年連続で「ベスト・パフォーマンス・エンジン」に選ばれているパワーユニットは、さらなる細心の見直しが図られています。自然吸気V8 気筒エンジンとしてフェラーリ史上最強となるこのユニットは、最高出力605CV を発生し、リッターあたり135CV という驚異的な数値を達成しました。これは自然吸気の車輌用エンジンとしては最高の数値です。


パワーウェイトレシオもエンジン同様に極めて優れたもので、2.13kg/CV を達成しています。「458 スペチアーレ」の0100km/h 加速はわずか3.0 秒(0-200km/h は9.1 秒)、フィオラーノ・サーキットでのラップタイムは1 分23 秒5 を記録しました。


エアロダイナミクスのさらなる効率化を図るべく、プロジェクトを率いたフェラーリ・スタイリング・センターは、ピニンファリーナと共にかつてないほどパフォーマンスを重視した車輌のフォルムを創造しました。この分野におけるもっとも注目すべき機能は、ダウンフォースのバランスを最適化すると同時にドラッグ低減にも寄与する、フロントとリアに装備された可変エアロダイナミクスです。その結果、「458 スペチアーレ」はフェラーリ史上もっとも空気力学的効率に優れた現行レンジ車輌となっています。


また、ビークル・ダイナミクス・サブシステムに採用された技術により、ドライバーは高速時においても即座に車輌をコントロールすることが可能となります。自然なパワー・オーバーステア特性と入力に対する正確なレスポンスという、フェラーリがもっとも得意とし、高い評価を得ている性能をさらに高めました。


「458 スペチアーレ」の最も革新的な技術のひとつが、サイドスリップ・アングル・コントロール(SSC)と呼ばれるシステムです。これは限界域での車輌のコントロールをよりしやすくするもので、ドライビングプレジャーを大きく高めることに貢献します。SSC は、あらたに開発された正確なアルゴリズムにより、車輌の横滑りを絶え間なく解析し、車輌の状態と、算出した目標値となる横滑り量を比較しながら(F1-トラクション・コントロールと統合することで)トルク管理を行い、左右ホイール間のトルク配分についても(E-Diff 電子式ディファレンシャルと統合しながら)最適化します。

これらの技術により、「458 スペチアーレ」はサーキット1 周のラップタイムにおいても、連続周回時の安定したラップタイムにおいても、サーキット専用設計ではない車輌としては、かつてないほどの性能を有するモデルとなりました。「458 スペチアーレ」は、これまでのフェラーリのラインナップの中でも最速のレスポンスタイム(0.060 秒)と、最大横G(1.33G)を達成しています。

 

Specification

車両重量  乾燥重量 1,290kg  0-100km/h加速  3.0秒 
総排気量  4,495cc  エンジン形式  90°V型8気筒 
最高出力  605CV/9,000rpm  最大トルク  540Nm/6,000rpm 
購入お問合わせフォームへ
pagetop