新車情報/フェラーリ

HOME   新車情報/フェラーリ

 

 

フェラーリが開発した【4RM(4輪駆動)】を採用した4人乗りモデル。市販の中で歴代最強パワーで、機能的な車です。 4RMとは一般的な4WDよりも重量を50%低減させた特許システムとなります。機能も非常に豊富で、あらゆる地形、路面コンディションにおいて最高の走破性を提供できると言われたFF。 最大800リットルのラゲッジスペースも魅力的です。

 

 

 

 

レースのDNAをもち、フェラーリ伝統の並はずれたスポーティさと走る悦びをご提供いたします。フェラーリ458イタリアは、時にはレース場で徹底的に走ることをしつつも、最近のフェラーリモデルと同じく、日常的にも使用するというお客様に向けたモデルです。

 

 

 

「フェラーリ カリフォルニア」はV8エンジンをフロントミドに搭載したクーペとしてもスパイダーとしても使える新しいカテゴリーのグランツーリスモです。オーナーになれば誰でも体験できる素晴しい運動性能を持ち、ユーティリティーの高い今までと違うドライビングプレジャーを楽しめるフェラーリです。

 

 

フェラーリ最新システムの紹介です

フェラーリは環境への影響を抑え、ドライビング・プレジャーを高める最新システム、 HELE (ハイ・エモーション/ ロー・エミッション)

 最初に このHELE システムを搭載する車輌はフェラーリ・カリフォルニアで、この車両は発表時には ECE + EUDC の複合サイクルで 1 km の走行あたり 299 g の CO2 の排出がありましたが、 HELE システムを搭載することでその排出量を 270 g と大幅に削減することに成功しました。また、日常での使用を想定した都市型の運転サイクルでは CO2 排出量は 23 % まで削減されます。 

 

歴代フェラーリ車の中で最もパワフルなV12エンジンを搭載する『フェラーリ599』が、06ジュネーブ・モーターショーで待望のワールドプレミアを飾りました。『フェラーリ599』は、F1技術からのフィードバックである『F1TRAC』『SCMサスペンション』など、フェラーリの持つ最新鋭技術を結集。

フェラーリ612スカリエッティ エンハンストは、従来のオーディオシステムに代わり、フェラーリ社とBOSE社との共同開発によって専用開発された“インフォテレマティックシステム”をセンターコンソールに標準装備しています。このシステムは、オーディオ、テレビ、ナビゲーションを統合コントロールし、ウーファーやツィーターを含め11 のスピーカー、5.1chサラウンドシステムを擁するマルチメディアセンターです。CDやDVDはもちろんMP3やWMAも再生可能で、i-podやブルートゥースの接続ポートも備え、高品質なサウンド環境を創出します。さらに、540馬力、最高時速320km/hを超える卓越した走行性能と、4シーターとしての洗練された乗り心地を完璧に融合させたモデルです。

F430をベースに生産されるミッドシップレイアウトのV8エンジンのニュークーペとなり、現行のF430、F430SpiderのV8モデルレンジに追加され、フェラーリV8モデルレンジは合計3モデルとなります。  430 SCUDERIAは、これまで、Ferrariがロードバージョンとして生産してした最速のモデルであるENZO Ferrariとほぼ同等のレコードラップをFioranoサーキットでたたき出したモデルでも有り、非常に高いパフォーマンスを持つモデルです。

ピニンファリーナのデザインによる「F430スパイダー」のしなやかなラインは、通常はF1チームだけが用いるコンピュータによるエアロダイナミクス・シミュレーションプログラムを使用、調整されています。そのフォルムは長期にわたるテストの結果により生み出され、エンジンカバーの端に一体化された存在感あるエンブレム、そして「F430」と同様、新スパイダーの屈強なイメージを誇示する2つの大型エアインテーク、さらにエンジンカバーは、リアスポイラーと一体となったリアバランスを構成し、エンジンは透明なガラスカバーの下に美しく配置されています

pagetop