新車情報/フェラーリ

HOME   新車情報/フェラーリ

 

 

究極の技術革新と研究開発というフェラーリの中核を成すフィロソフィーを具現化した最新車輌として「458 スペチアーレ」がデビューします。
 

パワートレイン、エアロダイナミクス、そして運動性能を更に強化することで、すでに特別な存在となっている「458 イタリア」を、“スペチアーレ”の名にふさわしいモデルに仕上げました。

その結果、まったく新しい、妥協のない最新のスポーツカーコンセプトの車輌となりました。

 

 

このモデルは、フェラーリがこれまでに発表したモデルの中でも最もパワフルでハイパフォーマンスを誇ります。

この実現には、メカニック、燃焼面、そして流体力学的にも効率性に優れたエンジンと、妥協のないレイアウトや進化したコンポーネンツ、電子制御との相乗効果が寄与し、一般道でもサーキットでも卓越したドライビング性能を発揮します。

 フェラーリ伝統のトランスアクスル・レイアウトは、このモデルの究極のパフォーマンスに適合するよう刷新されました。

ホイールベースは短縮され、エンジン高やダッシュボード、シート高を低く配置する一方、リア・サスペンションとギアボックスに新たなレイアウトを採用することで、車輌の後部をコンパクトにすることに成功しています。この結果、シャシー性能も非常にコンパクトで重心の低い車輌に仕上がりました。
 

 

 

「458イタリア」に新たに追加されるオープントップ・モデル「458 スパイダー」は、458イタリア」同様、妥協のない技術的なソリューションとハンドリング、そしてパフォーマンスを提供します。この「458 スパイダー」には、フェラーリが特許を取得したフル・リトラクタブル・ハードトップを採用しており、これはミッドリア・エンジンを搭載するスポーツカーとしては世界で初めてとなります。「458 スパイダー」には、「458 イタリア」と同様、フェラーリの自然吸気式直噴4.5L V8エンジンが搭載、エンジン・パワーは、このクラスをリードするフェラーリのデュアルクラッチF1パドルシフト・トランスミッションと、精密に制御されたE-Diffを介して路面に伝達されます。 E-Diff は F1トラクション・コントロール・システムおよびハイパフォーマンスABS と統合制御されており、車輌のハンドリング性能を最大限に引き出します。

 

 

 

 

フェラーリが開発した【4RM(4輪駆動)】を採用した4人乗りモデル。市販の中で歴代最強パワーで、機能的な車です。 4RMとは一般的な4WDよりも重量を50%低減させた特許システムとなります。機能も非常に豊富で、あらゆる地形、路面コンディションにおいて最高の走破性を提供できると言われたFF。 最大800リットルのラゲッジスペースも魅力的です。

 

 

 

 

レースのDNAをもち、フェラーリ伝統の並はずれたスポーティさと走る悦びをご提供いたします。フェラーリ458イタリアは、時にはレース場で徹底的に走ることをしつつも、最近のフェラーリモデルと同じく、日常的にも使用するというお客様に向けたモデルです。

 

 

 

 

「フェラーリ カリフォルニア」はV8エンジンをフロントミドに搭載したクーペとしてもスパイダーとしても使える新しいカテゴリーのグランツーリスモです。オーナーになれば誰でも体験できる素晴しい運動性能を持ち、ユーティリティーの高い今までと違うドライビングプレジャーを楽しめるフェラーリです。

 

 

 

フェラーリ最新システムの紹介です

フェラーリは環境への影響を抑え、ドライビング・プレジャーを高める最新システム、 HELE (ハイ・エモーション/ ロー・エミッション)

 最初に このHELE システムを搭載する車輌はフェラーリ・カリフォルニアで、この車両は発表時には ECE + EUDC の複合サイクルで 1 km の走行あたり 299 g の CO2 の排出がありましたが、 HELE システムを搭載することでその排出量を 270 g と大幅に削減することに成功しました。また、日常での使用を想定した都市型の運転サイクルでは CO2 排出量は 23 % まで削減されます。 

 

歴代フェラーリ車の中で最もパワフルなV12エンジンを搭載する『フェラーリ599』が、06ジュネーブ・モーターショーで待望のワールドプレミアを飾りました。『フェラーリ599』は、F1技術からのフィードバックである『F1TRAC』『SCMサスペンション』など、フェラーリの持つ最新鋭技術を結集。

pagetop