500 Mondial.

Ferrari Classiche部門では、クラシックモデルのレストアから認定を手掛けております。

これまで弊社のお客様も、限定車などのクラシケ認定を受けてこられましたが

生産から20年以上が経過したロードモデルも対象となりますので

今ではF355までクラシケ申請をすることができます。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい☆

 

そして、先日。

ペブルビーチ・コンクール・デレガンスに参加した500 Mondial

1年半を要したレストアが6月に完了し、見事3つの賞を受賞したそうです。

500 Mondialの第1号車は、モデナ出身のスカリエッティという名前の若いカロッツェリアが製作しました。

ここから一般販売向けモデルをデザインしたのは、ピニン・ファリーナで

15台前後が製作されております。

1980ccの4気筒エンジンを搭載した、小柄なモデルは

多くのレースでクラストップを飾り、賛辞を受けてきたモデルでもあります。

1954年製のFerrari 500 Modial Spider PF(Pinin Farina)は

ドミニカ共和国のジェントルマン・ドライバー、ポルフィオ・ルビロサ氏が所有した車輛で

国際レースにも参戦しております。

クラシケ部門に持ち込まれた際のボディはレッドでしたが、元々の鮮やかなブルーへと原状回復がなされ

かつオリジナル・エンジンをインストールして、構造仕様書の基準に適合させ

クラシケ鑑定書の発行にこぎつけました。

ペブルビーチ・コンクール・デレガンスでは、参加するすべての車輛が

パシフィックコースト・ハイウェイに沿って、ペブルビーチに隣接する街・カーメルをパレードします。

その後選考が始まり、1950年代に開催されたペブルビーチ・ロードレース出場車輛への特別部門にて

500 Mondialは、見事1位を獲得。

美しい景色と鮮やかなブルーが織りなす光景は、確かに目を奪われます。

また、カーメル・ヴァレーで開催されたアメリカのフェラーリ・クラブ主催イベントでも

プラチナ・アワード部門賞とフィル・ヒル・トロフィーも受賞と

まさしく注目の的ですね♪

 

レトロなモデルを今なお、あるべき姿で見ることができるというのは

とても幸せなことではないでしょうか☆

是非皆様も、愛車を長く大切に楽しんで頂ければ幸いです。

フェラーリ正規ディーラー エムオート・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知)

2015/10/02(Fri) | Classiche
フェラーリ・ロータス正規ディーラー『エムオート』