噂の12気筒限定モデル!

10月13日、日本時間19:00.

オフィシャルサイト ferrari.com の"ある"ページは、非常に動作が緩慢でした。

噂が飛び交っていた新型限定モデルの発表。

皆様、一斉にご覧になっていたことでしょう。

 

【 Ferrari F12 tdf 】

 

1956年型250GTベルリネッタが4度連続で勝利した、伝説の耐久ロード・レース「ツール・ド・フランス」

文字通りフェラーリが席巻したこのレースへのオマージュモデルです。

究極のロードカー・コンセプトを極め

エンジン・エアロダイナミクス・ビークルダイナミクスなどの

それこそフェラーリDNAの核となる技術革新がまさに「凝縮」されたモデル。

 

最高出力780CVは、F12 berlinettaよりも40馬力UP。

 

 

 

最大トルクは、705Nm / 6,750rpm。

2,500rpmという低回転時にすでにその80%を発生し

その加速性能と応答性は、最大許容回転数8,900rpmまで途切れることなく発揮されます。

ボディサイズは、若干長く、幅広になっております。

 

F12 tdf       全長 4,656 mm × 全幅 1,961 mm  × 全高 1,273 mm

F12 berlinetta 全長 4,618 mm × 全幅 1,942 mm × 全高 1,273 mm

リア・タイヤに対してフロント・タイヤが8%拡大したことにより

コーナーでの横加速度に、その車両のダイナミックな特性が現れます。

異なるタイヤ・サイズは、オーバーステア特性がより顕著となりますが

その特性は「バーチャル・ショートホイールベース・システム」と呼ばれる

新しい後輪操舵システムにより補われます。

 

『ステアリングホイールの切込み角度と入力速度、車輛速度などのデータを元に

理想的なステアリング・アングルを算出し、リアアクスル・ステアリングが

自動的にリアホイールの舵角を調整する』

 

・・・・・・・・・・・要は、このシステムによって向上した応答性は

よりドライバーに素敵なドライビングタイムをお届けすることができるということですね!

この横加速度の向上やダウンフォースの増加なども相まって

0-100km/hは2.9秒と、F12 berlinettaのタイムを0.2秒縮めました。

加速もですが、反対に制動距離もまた優れており

ワンピース構造の新型エクストリームデザイン・ブレーキキャリパーにより

200-0km/hの制動距離が121mとなり、F12 berlinettaの131mから10mも短縮されます。

599から考えると、17mも短縮されておりますので、技術革新というのは目を見張るものがございます。

インテリアもカーボンファイバーをふんだんに用い、従来のレザーではなく、アルカンタラを採用し

テクニカル・ファブリック製、フロアにマットでなくパターンが刻まれたアルミニウム製など

雰囲気としては、458 Specialeに似ているでしょうか♪

799台の限定モデル。

実車は、イタリア・ムジェロでのFinali Mondialiにて、11月8日にオフィシャル・デビューとなります。

楽しみは尽きません☆

フェラーリ正規ディーラー エムオート・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知)

2015/10/14(Wed) | F12 tdf
フェラーリ・ロータス正規ディーラー『エムオート』