10回目の開催で初の雨 〜シンガポールGP〜

昨日、F1第14戦シンガポールGP決勝レースが開催されました。

 

レースが行われるマリーナベイ・ストリート・サーキットは全長5.073km、そして2017年F1カレンダーの中で最多のコーナー数(23箇所)を誇ります。

加えて、赤道が近くを通っているため高温・多湿で、レース時間も比較的長いことから「一年間で最もタフなレース」というドライバーも少なくありません。

 

昨日の予選で見事1,4番グリッドを勝ち取ったセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンの2人でしたが、決勝レーススタート前からの予報。

フォーメーション・ラップ直前からは雨も強まり、各車レイン・タイヤを履いてのスタートとなりました。

シンガポールGPでは10回目の開催で初めてのレイン・コンディション。

ドライバーはもちろんのこと、各チーム、観客、実況の方まで何が起こるか予想もつかない状況でした。

 

そしてレーススタート!

ライコネンが非常に良い蹴り出し!

ベッテルもホイールスピンを極限まで抑えながら1コーナーに飛び込みます。

 

ここで・・・

 

ライコネンが他車とクラッシュ!ベッテルにも少しヒットしたようです。

ベッテルも4コーナーあたりで単独クラッシュ。

これは1コーナーで負ったダメージが原因と見られています。

 

スクーデリア・フェラーリの2台は残念ながらここでリタイヤ。

非常に悔しい結果に終わりました。

 

これで2017年シーズンも残り6戦。

まだまだレースはあります。スクーデリア・フェラーリは最後まで絶対に諦めませんし、必ず結果を出してくれることでしょう!

皆さんで応援しましょう☆

 

 

次戦は早くも今週末29日(金)〜10月1日(日)の日程で行われるマレーシアGP。

舞台はセパン・インターナショナル・サーキットです!

 

フェラーリ正規ディーラー エムオート・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知)

2017/09/18(Mon) | F1
フェラーリ・ロータス正規ディーラー『エムオート』