≪ F50 ≫ Vol.2

Vol.1に続きまして、F50の中身について、もう少しご紹介致します。

まず、皆様気になるのが、エンジンですよね!

 

F50は、F1マシン直系のV12ユニットを搭載しております。

排気量4698.5ccから、520hp/8,500rpmを発揮。

シリンダーブロックは、軽量かつ剛性の高いノジュラー鋳鉄で造られており、これもF1マシンと同じ素材です。

ノジュラー鋳鉄とは、球状黒鉛鋳鉄と言い、通常の鋳鉄よりも強化された鉄合成素材で

これによりV12エンジンでありながら、単体重量198kgと非常に軽くなっております。

(F355のアルミブロックV8が、168kgです)

そして、さらにF50について特筆すべきは、その構造にございます。

 

F40やENZO FERRARIは、全体のフレームの上に、エンジンやサスペンションが載り

足回りもフレームに接続される構造となっております。

 

しかしF50は、カーボン・コンポジット製のモノコックタブがメインとなります。

このメインモノコックは、フロントサスペンション&2名分のバケットシートを支え

105Lの大容量、ラバー製の安全燃料タンクを抱える、リア・バルクヘッドまでを含めますが

メインモノコック単体で、102kgと非常に軽くなっております。

では、その後ろ。

肝心のエンジンやリア・サスペンションは、いったいどうなっているでしょうか??

 

実は、リア・バルクヘッドにV12ユニットが縦方向にボルトで直接結合され

その後方に、縦置き6段ギアボックスがございます。

つまり、サスペンションとバンパー、カウルなどのリア周り全般は全て

エンジンとギアボックスが支える形となります。

もちろん、リアの足回りも直接エンジンと剛結されるという、面白い構造です♪

エンジン+ギアボックスがシャシー構造材としても機能する

『パワートレーン・フレーム方式』をロードカーに初めて採用したのが、F50です。

 

カーボンケブラーによるハニカム構造のボディパネルはF40と同じですが

インテリアスペースと4本のホイールをフルカバーするボディを除けば、2人乗り仕様のF1マシンとなる。

これは、F50が形作られた開発コンセプトでもあります。

この公道を走るF1マシンは、登場から約1年間をかけて349台が生産されました。

F40は最終的に1331台が生産されましたので、F50は非常に人気も高くなったことでしょう。

是非とも、この機会にじっくりとご覧下さい☆

Ferrari正規ディーラー エムオート・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知)

2015/03/13(Fri) | F50
≪ F50 ≫ Vol.1

ただ今、開催中の【 Super Car Festa 】

滅多にご覧頂けないお車ばかりとあり、非常にご好評頂いております☆

3月22日(までの限定展示となりますので、ご来店お待ち致しております。

 

さて、本日はF50についてのお話です。

フェラーリ社創立50周年を記念したF50は、288GTO・F40に続く限定モデルとして、1995年に登場致しました。

F50のコンセプトは『公道を走るF1マシン』です。

F40もレーシングマシーンを彷彿とさせるスタイルを確立致しましたが

F50はさらにF1スタイルを強めたものとして、登場致しました。

パッと見でもお分かり頂けるかと思いますが、前作のF40とは、デザインも全く異なります。

印象を決めるフロントフェイスは、より丸みを帯び、ライトの形状も四角形ではなく、円形に変化。

リアウイングがボディ一体という点は同じですが、F50は丸みを帯びており

全体的に見ても柔らかく、流れるようなスタイルになっております。

デザイン性というよりは、空力特性などを鑑みたスタイルです。

フロントカウルには、ラジエーターや補器類がびっしりと。

小さなカバンが1つ入るかな?という程度で、スパルタンに磨きがかかっております。

フロントのエアインテークの中には、大型のファンが備えられ

取り込まれた空気は、ボンネット上から後ろに流れます。

両サイドから取り込まれた空気は、ブレーキ冷却に用いられます。

視覚的な美しさ以上に、F355の2倍以上のダウンフォースが得られるほどの

機能性を重視したスタイルなのです。

 

ホイールは1ピース・タイプで、プレミアム・モデルの伝統であるセンター・ロックは

そのまま受け継がれております。

ドリルホールの開けられたブレンボ製鋳鉄ベンチレーテッド・ディスクローターと

アルミ軽合金の4ポット対向ピストンキャリパー(ブレンボ製)を組み合わせ。

F50の当時は、ABSもサーボアシストももちろんございません。

インテリアは、2名分のバケットタイプのシートに、カーボンのダッシュボードとセンターコンソール。

懐かしさを感じる球形のシフトノブも、カーボンファイバー製です。

エアコンは装備しておりますが、F40と同じく非常にスパルタンな仕様ですね。

ちなみに、F50からシートのバックレスト調整が可能となっております。

また、オーナー様がマラネロでシート合わせをすることが基本ですので

現在のLa Ferrariと同様ですね♪

公道を走るF1というコンセプトの為、デザイン性よりも機能性を重視したF50ですが

実は、スイッチひとつでフロント車高が4cmUPする車高調整も密かに備わっておりました。

車高が非常に低くもありますので、なかなか便利な機能も付いていたんですね。

そんなF50は、バルケッタ仕様でもお楽しみ頂けます。

現在のスパイダーのように自動制御ではありませんので、ルーフの取り外しは大変ですが

この姿も凛々しく、素敵ですね☆

スタイルだけでもなかなか盛り沢山となりましたので、今回はここまで。

気になるエンジンなどは、また後日!

Ferrari正規ディーラー エムオート・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知)

2015/03/10(Tue) | F50
フェラーリ・ロータス正規ディーラー『エムオート』