Pick up car

ただ今、整備でお預かりしております【 DINO 246GT 】

 

1967年にデビューした【 DINO 206GT 】の後継として、1969年に誕生し

小さく小柄でありながら、魅力的なスタイルを持っております。

今回は、このDINOを見てみます♪

DINO 206GTは、総アルミ製で1台1台手造りされていたのに対し

DINO 246GTは、スチール製でプレス成形されたものとなりました。

 

フェラーリ初のミッドシップ(MR)モデルであり、横置き・65度V型エンジンは

排気量:2419cc、最高出力:195hp/7,600rpm、最高速度:235km/h です。 

( DINO 206 GT:1986cc  / 180hp/7,400rpm / 235km/h )

DINO 206 GTから少しだけ性能もUPしております。

DINO 206GT

DINO 246GT

ちょうどこの頃、エンツォ・フェラーリがフィアットのジャンニ・アニエッリと協定を結び

フェラーリの生産車部門をフィアットに委ねることとなりました。

そして、少量生産の特殊なスポーツ・GTカーから

量産型の商品性の高いスポーツ・GTカーへと転換していくのです。

 

ちなみに「ディーノ」は、エンツォ・フェラーリの息子、アルフレード・フェラーリの愛称です。

ディーノは、1956年に24歳の若さでこの世を去りましたが、生前はスクーデリア・フェラーリで働き

父エンツォによってディーノ・ユニットと名付けられたV6エンジンを手掛けたとされております。

そして「DINO」は、フェラーリの中で異質のモデルでもありました。

発売当初より、フェラーリの名も跳ね馬のエンブレムも持たず

DINOがそのままブランド名になったのです。

他モデルでは、ボンネット・ボディサイドにエンブレム、ホイールセンターキャップに跳ね馬が配されますが

このモデルだけは「DINO」という固有のエンブレムです。

Ferrari ENZOやMondial Tにも、跳ね馬はしっかりとあしらわれておりますが

DINOにはまったくありません。

実は、DINO 206GTに搭載されたエンジンの生産を担当したのは、フィアットであり

『12気筒以外のストラダーレは、フェラーリと呼ばない』というエンツォ・フェラーリの言葉もあり

フェラーリ製でないエンジンを搭載するクルマに、フェラーリの名を付けたくなかったのではないか?

という見方もあるそうですが、真相は分かりません。

しかしながら、その独特のスタイルや、ハンドリング性能が周知されるにつれ

「フェラーリ」のクルマという認知度は高くなり、今では何の違和感もありませんよね。

その後、1972年には、DINOの人気をより盤石にするため

ジュネーブ・モーターショーにて、オープンタイプの【 DINO 246GTS 】が登場致しました。

実用的なタルガトップを備え、オープンカーとしてDINOを愉しむことも出来るようになりました。

こうして、DINOは人気を確立。

今では市場に出てくることも稀な為、非常に高値で取引されることもしばしば。

他のヒストリックカーと同じく、時間が経つにつれ、その価値も上がりました。

フェラーリの中でも、異端な存在である「DINO」は

360ModenaやF430、458 ITALIAからFerrari 488 GTBに続く、MRスポーツタイプの元祖です。

こうして、今もそのまま目の前に在ることは、とても嬉しいことですね☆

フェラーリ正規ディーラー エムオート・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知)

2015/08/25(Tue) | Dino
☆ご成約ありがとうございます☆

つい先日、ご紹介したばかりのDino 246GTですが、早々にご成約頂きました!!

誠にありがとうございます☆

やっぱり早かったなぁという印象ですね。

嬉しいことに、年代を経たお車への根強いファンがたくさんいらっしゃいます☆

 

実は私はDinoを初めて見ました!

正直なところ、パッと見は可愛いけど走れるんかなぁ.....と思いましたが

実際に走るところを見ると・・・・・・・カワイイ☆

全く色褪せることのないロッソのDino。

40年が経過しておりますが、『Dino』というモデルの存在感は素晴らしいですね。

世の中にはリメイクしてほしくないものがありますがDinoはその代表格です。

独特のフォルムが皆様の心を惹きつけるのでしょうか。

私はフロント&リアのフレアに「萌えー」です☆

レトロなインテリアも雰囲気があるので、年代の違う私にとっては優雅な気持ちで運転を楽しめるような気がします♪

今の車では見ることのない、かなりシンプルなステアリングも

「こんなハンドル見たことないっ!!」って最初は素っ気ない感じを受けましたが

実際に握ると・・・・「男ですな」これは!!運転したら面白いだろうなぁという気持ちになります☆

鑑賞するもよし、乗るもよしの『宝物』ですね♪

この度、ご成約頂いた方はDinoと同年代ということで、『友』でしょうか☆

この度は誠にありがとうございました!

これからじっくりとご堪能ください☆

フェラーリ正規ディーラー エムオート・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知)

2014/03/11(Tue) | Dino
熟成されたお車です。

ファンも多く、コレクションをお探しの方にも人気があります!

【 DINO 246 GT 】

クラシケど真ん中のお車が新しく入庫致しました!!

1973年式のDino 246GT. 今年で41歳になりますね♪

1969年から生産が開始したDino 246GTは、74年の生産終了までに2487台が創られました。

そして、創られた製造番号によりL,M,Eの3つのグループに分けられます。

これは246GTというモデルの中でも、生産時期によってデザインに変更が加えられている為です。

 

この度の1台は、シリーズEのフェラーリ内では“ティーポ607E”と呼ばれ

終わりの時期に近いものになります。

ステアリングやシフトレバー、スイッチ類もなんとも言えない雰囲気を醸し出し

旧車がお好きな方には、たまりませんね♪

ブラックのインテリアは、40年余が経過していても色褪せることもありません。

横置きの6気筒エンジンは2418ccの排気量で、最大出力は143kw/7600rpm.

エンジン音もとても懐かしい気分になります。

「古き良き・・・」という言葉を体現していますね☆

給油口やエンジンカバーの開閉、トランクを開けるといった動作も

現行モデルとは異なり、もちろんアナログです。

しかし、このレトロな風合いがまた味わい深いのです。

ディーノ専用エンブレムが散りばめられた、存在感たっぷりのDINO 246GT.

是非、ガレージに1台置いて、Ferrariの歴史を感じませんか☆

詳細写真はコチラ↓

 http://www.m-auto.co.jp/car_infor/index.php?c=car_view&pk=1393899022&type=1&kind=2

すでに40年余が経過しておりますが、綺麗なお車です♪

お問い合わせは、エムオート 営業部 082-256-8585 または info@m-auto.co.jp まで。

 

フェラーリ正規ディーラー エムオート・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知)

2014/03/04(Tue) | Dino
フェラーリ・ロータス正規ディーラー『エムオート』