明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

 

本年もFerrari正規ディーラー

エムオート・イタリアをどうぞよろしくお願いいたします。

 

正規ディーラー17年目のエムオート・イタリアに今年もご期待ください。

 

さて、年初一発目のブログは今年、新型が導入されるFerrari ChallengeのNew Modelをお送りいたします。

 

去年の Finali Mondiali2016 で最終戦を盛り上げたデイトナサーキットでは歴代のChallengeが展示されておりました。

最初のChallengeは348Challengeです。

 

 

ロードモデルからの変更点は、専用マグネシウム・ホイール

バケットシート、アルカンターラ使用、ロールバーといったところが主だった所です。

 

次に出ましたのは

F355Challenge

 

 

348からの追加変更点は

ドリルドディスクローター、ブレーキクーリングダクト、エキゾーストシステムなどです。

 

その次は

360Challnege

 

F355からの追加変更点は

ホイールナット方式、テレメトリーシステム導入、フューエルクイックチャージ、消化システム、アクリルサイドウィンドウ

より一層レース向けになってきました。

 

430Challnege

 

 

追加変更点

レキサンフロントウィンドウ、センターロック式ホイール

エアージャッキ、カーボンブレーキ

 

458Challenge

 

 

この辺りでは既にロードカーを逸脱し始めていますね、EVOとなってからは多くのカーボンパーツやリアウィング、フレームも専用設計ですので車体番号も根本から違います。

ステアリングにレース機能が集中してきました。

 

 

そう、これが本題の2017年モデル

488Challenge

 

 

ロードカーの488GTBとはラジエターの位置を変えることによって、ボンネットに大きなダクトが設けられました。

 

 

大きなリアウィングとフロントスポイラー、またカナードは高速コーナーでの安定を目的に2016年よりさらにレベルアップしたチャレンジドライバーを安心させます。

さらに異次元に近づくわけですね。

 

 

ドライビング・コントロールは348の頃からを見るとすでにGTカーですね。

この開発もこれまでに携わってこられたChallenge Driverのデータのおかげです。

 

 

その他、気になった点

ライトは必要のない部分をカバーするようになっております。

大きなウィングのおかげか後ろのチェックはモニターです。

軽く丈夫そうな新型ホイール

 

 

さて、そんなFerrari Challenge 2016の最終戦、Finali Mondiali 2016を見てきました。

バンクのあるサーキット、Daytona Inter National Circuit です。

 

 

前日のクラッシュでこんな状態でもメカニックは翌日には走行できるレベルまでに仕上げます。

Challenge Raceで鍛えあがられたメカニックは、頭の中で優先順位が即座に組み立てられるよう経験を積んでいきます。

そして、翌日にはドライバーの笑顔を見ることが仕事だと感じています。

 

弊社の女性メカニックも現地にて急きょ駆り出しに会い参戦です。

 

 

今のChallenge Raceは甘くありません、当然クラッシュもあります。

トップを走っていた黄色のマシンがいきなりバースト、リタイヤになったシーン。

 

 

優勝するには腕だけでなく、運も手にしなくてはならないのでしょうか・・・

その達成度は計り知れないのでしょう、周りの人がドライバーより知っていることもあります。

その分、感動は大きいです。

 

その時の感動は大きいものでしょう

 

それでは2016年Challenge Asia Pacific のFujiラウンド、エムオートからのドライバーの模様を先行でご覧ください。

2017/01/01(Sun) | Challenge
【速報】488Challengeが発表されました!

寒い12月の空気を吹き飛ばす、ホットなニュースが入ってまいりました。

現在、アメリカ出張中の弊社スタッフより

現地のスクープ写真が届きましたので、早速お知らせします。

 

現地12月2日(日本では本日12月3日)

フロリダ州デイトナ・インターナショナル・スピードウェイにて開催中の

フェラーリ社イベント「Finali Mondiali」にて、

2017年「フェラーリ・チャレンジ」車両488Challengeがアンベールされました。 

その様子がこちらです。

私感ですが、488GTBのスポーツ性とエレガンス、エクスクルーシブなイメージを残したまま、レースで戦う為に筋肉質で引き締まった印象を受けました。

簡単に申し上げますと「無茶苦茶カッコイイ!!!」

フェラーリ社によると、488Challengeは、458Challenge EVOと比較して、ドライバビリティと空力の両面で一歩前進しているとのことです。

この点を考慮しながら、2016年シーズンを戦った458Challenge EVOと外見の違いを6ヵ所ほどお伝えします。

1.ボンネットにスリットが空いた

2.ヘッドライトレンズの面積が縮小

3.フロントバンパーにカナード装着

 

皆様はどのような印象を持たれましたでしょうか?

4.給油口の位置変更

5.ホイールデザインの変更

6.リヤウイング翼端板の大型化

つい先ほどアンベールされたばかりの488Challengeいかがだったでしょうか?

 

今回は、速報として写真のみのご紹介となりましたが、

詳細が分かり次第、当ブログでお知らせします。

ご期待ください!

 

フェラーリ正規ディーラー エムオート・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知)

2016/12/03(Sat) | Challenge
Challenge APAC 2016

 

Ferrari Challnege APAC 2016 ですが、最終戦が先月終えました。

 

RACE と共に歩んできたFerrariの魂といえるイベントです。

 

 

最終戦は WEC(世界耐久)のイベントに含まれたイベントです。

 

天気も良く、レース日和でした。

 

入り口はちょっとテンションが上がりそうなゲートです。

 

WEC(世界耐久)ということもあってか、カメラ小僧(中年)がたくさんいらっしゃいました。

モータースポーツ健在です。

 

さて、フェラーリ・チャレンジ・レースはというと・・・・・・

予選、決勝とレースが運ばれます。

 

エムオートから出走いただいている GOさん、頑張ってください。

 

 

決勝前、グリッド上で精神統一をはかる GOさん。

 

 

エムオート・チャレンジ・メカニックの小西くんも全身全霊で挑みます。

 

 

 

さあ、レース開始です。

チャレンジ・レースはローリングスタート方式です。

 

 

ローリング・スタートから1周目までの激しいバトルをどうぞご覧ください。

 

かなりの激しさにビビります。

目の前に魚雷が!!!

 

いやー凄い!! 団子状態でギリギリで行くんですね♪ プロです、我々からみるとプロです。

 

ピットでは実況中継されているので、人だかりがすごいです。

野球を見に行ってラジオで実況を聞くのに似ていますね。

 

白熱のバトルの結果

エムオートから出走いただいている GOさん号は・・・

ドキドキのポディウム(表彰台)は・・・・

 

 

なんと2位でフィニッシュ!!

 

おめでとうございます!!

 

 

うれしい知らせで喜びながらも、チャレンジ・メカニックの小西君はメンテナンスに励むのでした。

最終的に黄旗時のペナルティにより3位になりましたが、素晴らしいレースを展開してくれました!!

 

来年の参戦もお願いいたします。

 

 

Ferrari Challenge APAC(Asia Pacific)2017の参戦にご興味がある方はエムオート営業部までお問い合わせください。

 

参考までに・・

参戦車両:458Challenge(2017年から488Challenge導入)

車両価格:34,972,000円(税込)

年5戦レース:年間参戦料 約20,000,000円

スポット参戦:役4,000,000円+車両レンタル1,500,000円〜

ライセンス:国際C

 

 

 エムオート営業部

info@m-auto.co.jp

082-256-8585

 

2016/11/05(Sat) | Challenge
2015 Ferrari Challenge APAC

29日・30日と、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットにて

フェラーリ・チャレンジ・アジア・パシフィック 第6戦が開催されました!

今年のF1 マレーシアGPで、ベッテルが勝利を飾ったサーキットですね♪

「フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ・アジアパシフィック」シリーズ最終戦となるレースで

19名のドライバーが458 Challenge EVOを駆ります!

土曜日には「レース1」、続いて日曜日に「レース2」と2日連続で予選と決勝が行われました。

フェラーリ・チャレンジ・シリーズは

◇ トロフェオ・ピレリ Pro(プロフェッショナル)

◆ トロフェオ・ピレリ Am(アマチュア)

◇ コッパ・シェル

ドライバーのレベルに合わせ、3つのクラスに分けられており

クラス毎にバトルが繰り広げられます。

今年のアジア・パシフィックシリーズは全6戦でしたが、すべて参戦することも出来れば

スポット参戦も可能となっております。

 

そして、欧州・北米シリーズとともに

11月にイタリア・ムジェロで開催される、フェラーリ・フィナーリ・モンディアーリにて

参戦ドライバーたちが集結し、シーズン最後を飾ります。

写真は昨年のフェラーリ・フィナーリ・モンディアーリですが、とても華やかな祭典です☆

チャレンジレースに参戦するには、チャレンジ車両及びライセンス取得が必要となりますが

ロードモデルで普段走る興奮とは、また別の面白さが味わえます☆

ご興味のある方は、お問い合わせ下さい♪

フェラーリ正規ディーラー エムオート・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知)

2015/08/31(Mon) | Challenge
ミラクル

木星

土星

地球

などの惑星が一列に並ぶ

位の確率で・・・・・・

 

 

 

360Challenge

F430Challenge

458Challenge

が、一斉に揃うというキセキが起きました!!

 

 

寸分も狂いなく一直線です。

まさにチャレンジ祭り!!

 

 

 

画してF430Challengeはご成約いただき、素敵なオーナー様へ旅立ちの直前です。

 

 

360Challengeはというと・・・モゴモゴモゴ・・・といった状態です。

 

 

さて、458Challengeはというと・・・・

 

新入荷!!致しました!!

 

もちろん正規ディーラー車ですので、急げば

Challenge Asia Pacific Race 2015に参戦可能です(EVOアップデート必須)

あこがれの的となる 「Challenge Driver」

この白馬にまたがる方はいらっしゃいませんか?!

予想もできない感動と、仲間に出会え、人生の大きな財産になることでしょう!!

2015年のスケジュールはこのように決まっています。
 
 
Race 1: March 13-15 Sepang, Malaysia
Race 2: April 24-26 Fuji, Japan (Ferrari Racing Days)
Race 3: May 22-24 Shanghai, China (Ferrari Raving Days)
Race 4: June 19-21 Zhuhai, China (PanDelta)
Race 5: July 31-August 2        Sentul, Indonesia
Race 6: August 28-30 Sepang, Malaysia(MME)
Finali Mondiali December   TBD
 
スポット参戦可能!!

お問い合わせお待ちしております!!

info@m-auto.co.jp

 

車両情報はこちら

 http://www.m-auto.co.jp/car_infor/index.php?c=car_view&pk=1421981150&type=1&kind=2

 

 

Challenge Asia Pacific 2015 に出場するには以下の条件を満たす必要があります。

・ 国際C級ライセンス(Ferrari Pilotaで取得可能)

・ EVOキット装着

 

 

EVOにアップデートすると以下のような強烈なダウンフォースを生むKITが取り付けられます。

2015/01/24(Sat) | Challenge
認定中古車 〜 F430 Challenge 〜

ロード―カーから少し視点を変えまして、サーキットカーはいかがですか♪

◇ 2006年式 F430 Challenge ◇

国内に4台しかない、非常に希少な正規ディーラー車です!!

サーキット専用車両ですので、ナンバー取得はできませんが

チャレンジ トロフェオ ピレリでも使用された、F430 Challenge☆

Ferrariでサーキット走行を楽しみたい方には、最適です!

フロントライトハウジングが白いのは、F430 Challengeの特徴ですね♪

ロードカーよりもスパルタンに造られたChallenge!

レースを走るとなれば、もちろんパワーも気になりますよね!!

エンジンに採用されている、ドライカーボンインテークマニホールド

そんなパワフルな走りを支える為の細やかな配慮で、Challengeのみ。

アルミニウム製のインテークマニホールドでは、取り込まれる空気が熱せられ膨張します。

その膨張した空気をエンジンに送り込む為、流入量が少なくなり、燃焼効率が下がります。

しかし、ドライカーボンやプラスチックの場合

熱伝導が低いので空気も熱せられにくく、効率よく取り込めます。

その為、エンジンの爆発に利用される吸気もとてもスムーズです。

これにより、ドライカーボンインテークマニホールドを採用したお車では、馬力が多少なりUPします♪

実は、現在のロードモデルでもオプションにて

カーボンインテークマニホールドを付ける事が出来ます!!

詳しくはお問い合わせください。

 

こちらのChallengeは各部分のアップデートも完了しております。

熱対策として、エンジンフードグリルリアバンパーグリルさらに、フロントグリルが変更済み。

エンジンフード&リアバンパーグリルは、ネット径が大きくなり

フロントグリルは小さくなっております。

液晶メーターは壊れやすいのですが、こちらもすでに対策済みです。

キルスイッチ&コンソールBOXも変更済み!

気になるCCM(カーボン・セラミック・ブレーキ)使用量は、フロント:2% リア:12%です。

エアジャッキやセンターロックソケットなどの走行キットに加え

ホイールも2セットございます☆

アグレッシブなサーキット走行を楽しみたい方!!

スリックタイヤでオンレールな走りをしたい方!!

詳しくはこちら↓

 http://www.m-auto.co.jp/car_infor/index.php?c=car_view&pk=1405819877&type=1&kind=2

 

パワフルなエンジンサウンドを聴きながら、駆け抜けてください!!

ショールームにてご覧頂けます☆

 

フェラーリ正規ディーラー エムオート・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知)

2014/09/08(Mon) | Challenge
☆ 新入荷 360Challenge ☆

 

360Challengeが入庫しました。

フルオリジナルのマシンです。

1993年から開催されている 「Challenge Trofeo」 から始まったフェラーリのChallenge Car。

 

様々なイベントで花形スターとなる 「チャレンジ・ドライバー」 は多くの人の憧れの的でした。

 1993年から2200人のチャレンジ・ドライバーが生まれています。

 

 

近年、開催されている 「Challenge Asia Pacific」 に参加するには現行の458Challengeのみとなっていますが、ご参加をお考えの方にはもっとも適した練習用のマシンではないでしょうか?

 

 

スリックタイヤの異次元のグリップを体験し、安全基準も高いレベルです。

 

コックピットにドライバーではなくパイロット(Pilota)としてお乗りいただけます。

 

このステアリング(Volante)を握るのは10年後でも5年後でもなく、今です!!

 

2013/10/06(Sun) | Challenge
Challenge Asia Pacific

昨日のシンガポールGPは見られましたか?

私は現地でその迫力と、レースの面白さを体験しました。

 

そのまえに・・・F1の前座として 458Challenge での「Challenge Asia Pacific」が行われました。

 

日本からも4名のドライバーが参加されシンガポールを熱い夜にしました。

 

 

ローリングスタートの様子です・・・・

 

 

 

 

リザルトはこのようになりました。(レース終了後のモニターを撮影したので、最終はわかりませんが・・)

 

しかし、迫力がありましたね。

かっこよすぎます。

 

もちろん終了後は Alonso & Massa と撮影です。

2012/09/24(Mon) | Challenge
Ferrari Challenge Asia Pacific in Singapore

昨日は、Challenge Asia Pacific での練習走行と F1のP1がありました。

 

いざ、見に行かん。と思いきや嵐のような雨が・・・・・さすが亜熱帯!!

 

シャトルバスに揺られてサーキットIN

残念ながらChallengeのプラクティスには間に合いませんでしたが、雨が降って2周くらいで赤旗が出たようです。

日本人ドライバーの方もこの雨で手痛いダメージを受けたようです。

 

 

Challengeの後はF1のプラクティス1(P1)です。

 

フェラーリはあまり走らなかったですね、タイヤ温存か、ストレートでは路面は復活していたがほかの部分がまだ駄目なのか?

 

 

 

しかし、この後にFerrariのウェルカムパーティーが控えていたためにあまり見ずに退散。

帰りは Vip フェリーにてホテルにGO!!

 

外で聞いてもF1のサウンドはすごいです。

 

 

着替えて早速、ディナー会場へ!!

とても素晴らしいディナーでした。

やはりチャレンジ・ドライバーの方はヒーローなんですね。

今日の予選、あと3時間後ですが、頑張ってください!!

2012/09/22(Sat) | Challenge
Challenge試乗会

先日、掲載しました「458Challenge試乗会」のブログに日にちがのっておりませんでした。

 

試乗会は9月2日です。

 

内容はブログをご覧ください。

 

http://www.m-auto.co.jp/blog01/index.php?c=blog&pk=1343281525

2012/07/28(Sat) | Challenge
458Challenge 試乗会

6月に上海サーキットにて 「458Challenge」の試乗会を行いました。

 

参加された方に「458Challenge」の素晴らしさを体験いただいて、ご購入いただきました。

大変、ありがとうございます。

 

 

そして、第2弾!!!

458Challenge試乗会を・・・あの・・・・

 

 

 

 

2012年のF1で・・・・・・

 

 

 

フェルナンド・アロンソが・・・・・

 

 

 

 

優勝した!・・・・

 

 

 

 

 

 

セパン・サーキットで行います!!!

 

あの独特なコースを・・・

 

実際に

 

走れます!!!

 

マレーシアまでの移動は、約93000円からと思ったよりも安く(ANA調べ)

時間も、朝でて夕食はクアランプールで済ませれるくらいで済みます。

*席の残りが少ないですが・・・・

そして翌日には・・・

ChallengeをTest Driveしましょう!!

募集人員は、1〜2組しかありませんのでご興味のある方はお早めにご連絡をください。

 

info@m-auto.co.jp

082-256-8585

2012/07/26(Thu) | Challenge
458Challengeを納車いたしました。

先日、458Challengeを納車いたしました。

 

ラッピングもされて、かっこいいです。

 

 

 

納車場所は

 

岡山国際サーキットです。

 

やっぱりそうですよね

 

 

じっくり慣らしをしながらの走行ですが、楽しそう!!!

梅雨の晴れ間の天気のいい日でした!!

 

2012/07/13(Fri) | Challenge
☆ご成約ありがとうございました☆

458Challenge新車のご成約をいただきました。

そして・・・・本日、到着しました!!

 

ビアンコ・アブスに赤のバケットが心に火をつけますね。

先々週の上海サーキット試乗会でお乗りいただき、大変気に入っていただき・・・・・・

国内新車ストックを速攻成約いただきました!!

ありがとうございます。

 

私も上海に同行した甲斐がありました。

 

来年のChallenge Asia Pacificに出走される姿を期待しております!!

 

2013年のChallenge Asia Pacificはまだ募集をしています。

詳しくはエムオートまでお問い合わせください。

 

 

次にこのステアリングを握るのは・・・・あなたかもしれません。

 

 

 

2012/06/23(Sat) | Challenge
週末

先週末はカナダGPでしたね!!

 

実は、まだ結果を見ていません・・・・見ないようにしています。

予約録画しておいたのをQ1からじっくり見ようと思っています。

 

そんな大事な週末に何をしていたかというと・・・・・

 

 

五島列島の上を飛び越え・・・

霧の上海です!!

 

 

そう、2013年のチャレンジ(Challenge Asia Pasific)にとーーても興味ある方(参戦希望)の458Challenge試乗会に参加してきました。

 

F1も開催される上海国際サーキットを貸切です。

 

初めに市販車ベースから始まったChallengeの歴史から、市販車ベースでは無くなった458Challengeの車両説明へと進みます。

もちろん上海サーキットの走行の仕方も軽くレクチャーします。

 

そしておいしいランチ!!

 

午後のセッション

まずはトレーナーの運転で市販車の458Italiaに同乗します。

 

その次は、交代してトレーナーにポイントを教えてもらいながら自分で運転します。

 

そしてトレーナーによる458Challengeに同乗します。

かなり早い(トレーナーも声を出さないくらい本気)!!

 

 

そして、ついに希望者による458Challengeの走行!!

 

感想

・楽しい、ほんと楽しい、めちゃくちゃ楽しい

・市販車と違うね、ぜんぜん

・ものすごくイージー、簡単、すごい車

・これほんと欲しくなった。

 

など、あとはチャレンジ・ドライバーの扉を開けるだけです!!

いろいろな人との出会いがあり、自らをも駆り立てる世界です。

 

2013年のチャレンジ募集はすでに始まっています。

締め切りは未定ですが夏・秋位とのことです。

 

 

2012/06/12(Tue) | Challenge
フェラーリ・ロータス正規ディーラー『エムオート』