気になる中身・・・・

本日のサポート通信です☆

 

今回は

 

『メカニックの工具箱の中身気になりませんか?』

・・・ということで、メカニックの工具の中身を紹介したいと思います(^-^)

 

 工具にはたくさんの種類があり、値段もピンからキリまで・・・

ブランドも色々あり、メカニック達は自分の好きなブランドで工具を揃えております♪

 

どの部品を取り外すのに、どの工具を使うかはメカニックの経験。

 

また、その工具もどのように使用するのかで全く整備の効率が変わってきます。

 

 新米メカニックの私は、よく先輩から

「ここはこの工具使った方がやりやすいよ」などとアドバイスを受けて

実際にやってみたら全く効率が違う!という事が何度もあります・・・(;’’)


それでは紹介していきます♪

 

まずはコンビネーションレンチです!

片方がメガネレンチ、もう一方がスパナになっております。

 

レンチは使用する場面が多い工具☆

メガネレンチだけでも、角度がついていたりストレートになっていたり…

場面によって使い分けをします。

続いてはラチェットレンチ☆

ラチェットレンチは後で紹介するソケットを付けて使用します。

ヘッドの中にギヤが入っており、絞める方向、緩める方向でワンウェイ駆動します。

よくメカニックが『ジーッ、ジーッ』とやっているのはこのラチェットです!

ラチェットレンチに付けて使用するソケットがこちら☆

浅いソケット、深いソケット、薄いソケットなどたくさん種類があります。

スパークプラグを取り外す【プラグソケット】というソケットは、中に磁石が付いており

スパークプラグを落とさないようにしっかりとキャッチします♪

こちらはソケットでも、先が違いますね!

こちらはヘックスとトルクスのソケットです。

ヘックスとはこのような6角のボルトの場合に使用します。

ルクスとはこのうような花形のようなボルトに使用します。

ボルトの形にも様々な形があり、それぞれに適した工具を使います。

こちらの工具はトルクレンチです♪

目盛りが付いており、ホイールボルトだったら100Nmに目盛りを合わせて

ボルトを締めていき、カチッというまで締め付けたらOKです!

ボルトの絞めすぎ、緩すぎといったことがなく適切なトルクで締め付けます!

このソケットにトルクレンチを付けて、ホイールボルトなどを締め付けます。

このホイールボルト用のソケットは、ホイールを傷付けないようにメカニック全員保護テープを巻いています!

 

お客様の大切なお車を作業中、傷つけないように細かな部分も気を付けて作業を行っております。

 

車検、点検、一般整備、その他様々な作業

必要になるのが【工具】 です。

 

確かな工具を使い、毎日整備をしております。

安心してエムオートサポートセンターにお車をお預け下さい☆

スタッフ一同、心よりお待ちしております!

 

本日のサポート通信は、新米メカニックの松田がお送りしました(^^)/

2015/12/18(Fri) | サポート通信
フェラーリ・ロータス正規ディーラー『エムオート』