≪ F40 ≫

フェラーリは、通常の市販モデルに加え

台数限定のプレミアム・モデルを、皆様にお届けして参りました。

非常に人気が高く、市場に登場することも少ないので、価値も高くなる傾向にあります。

今回は、プレミアム・モデルの2作目、F40についてご紹介致します。

 

 

≪ F40 ≫とは

エンツォ・フェラーリの指揮の下、フェラーリ社創立40周年を記念して造られた限定モデルです。

1987年に発表されましたので、今年で28歳になりますね。

当初は、コンペティション(競技)への参入も予定されていた為、F40LMと呼ばれることもございました。

 

 

基本的には、1984年に登場した限定モデル・288GTOの系譜に連なるF40ですが

よりワイドに、かつ低重心となり、当時のF1テクノロジーも相当に注ぎ込まれております。

全長×全幅×全高は、4430mm × 1980mm × 1130mmで

市販モデルのV8スポーツタイプ、458ITALIAは4527mm × 1937mm × 1213mmですので

意外とF40はコンパクトなのですが、そう見えない存在感がございます。

ボンネットを開くと、ビックリな姿にもなります。

 

 

エンジンは、288GTOのV8ユニットを改良した、ティーポF120ユニット。

2基のインタークーラー付ターボチャージャーで、2936ccから478hp/7000rpmを叩き出します。

LEXAN製のエンジンフードで、外からもご覧頂くことが可能ですが

とても万能なポリカーボネート・ポリマーでエンジンが守られております。

このエンジンフード、開けるのもひと苦労なんですが

これもまた時代の流れを感じる要素で、味があっていいですよね♪

 

 

丸く鈍い曲面で構成されたダル・ノーズや、長方形の入口から横幅が広がっていく形状のNACAダクト。

大きなリア・ウイングなど、とても非日常的なデザインでロードカーとしては、異質な存在。

この特徴的なデザインが、全世界から注目された所以の1つでもあります。

シャシーは、鋼菅バックボーン・フレームとCFRP(炭素繊維強化プラスチック)の組合せ。

ボディもアルミ・ハニカムとCFRPが採用され、車輛重量が1100kgまで軽減されております。

 

ちなみに、「ハニカム」とは「蜂の巣」という意味。

蜂の巣は六角形が隙間なく敷き詰められた形ですが、これは最も少ない材料で、最も丈夫な構造となります。

航空機や建築材、F1マシンのモノコックなどにも用いられております。

つまり、軽くて強いということですね。

 

さらに、カーボンケブラーと呼ばれるハイブリッド高性能素材が使用され

安全性や機能性をとことん突き詰めて、造られております。

黄色い部分は全てカーボンケブラーで、接着剤を用いて接合されております。

今のお車では見ることができない部分ですね。

 

カーボンケブラー剥き出しのインテリアは、走ることに不要なものは一切削ぎ落されます。

エアコンだけはちゃんと装備されておりますが、これこそまさに「スパルタン」です。

シンプルなシフトも現代では風情を感じさせますね。

 

当初は限定400台と言われておりましたが、最終的に1331台が送りだされました。

実は、以前にもF40について、ブログでご紹介したことがございますので

是非そちらもご覧ください♪

Vol.1⇒ http://www.m-auto.co.jp/blog01/index.php?c=blog&pk=1404782820

Vol.2⇒ http://www.m-auto.co.jp/blog01/index.php?c=blog&pk=1404981595

 

掘り下げ始めると、色々と奥が深いんです☆

間近でご覧になりたい方は、ショールームにご来店ください♪

お待ち致しております☆

 

Ferrari正規ディーラー エムオート・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知)

2015/03/09(Mon) | F40
フェラーリ・ロータス正規ディーラー『エムオート』